自分にあった印材を探す

  • RSS

会社の社印、それは会社を表す重要なアイテムです。
大事な書類に印影したりするため小さな会社の看板としても捉えられています。
そうした印鑑ですから当然こだわりを持ったものを持ちたいものです。
印鑑の素材というのは様々な種類があります。
その印材はどれもそれぞれの特徴を持っています。
印鑑を選ぶ時はそうしたものも見極めなければなりません。
その印材の特徴を簡単に紹介したいと思います。

【印鑑の会社設立セットを印鑑通販No.1のハンコヤドットコムがYahooショッピングで販売】
会社設立時に必要になる、お得な実印・銀行印・角印の印鑑3本セットを企業支援キャンペーンセットとしてご用意いたしました。実印と銀行印はベーシックな寸胴型で、角印は天丸(ひょうたん型)です。

まずは象牙について。
象牙は印材の王様ともいえるものになり加工しやすい堅さとなめらかさのため最も印鑑に適した印材と言われています。
またその象牙の中にも宝石のようにランク付けがされています。
特選象牙、極上象牙、特上象牙といった具合になるのです。
なんだか焼肉のカルビみたいですね。

次はオランダ水牛です。
正式には牛角といいます。
その名の通り牛の角を加工した印材のことになります。
上質で加工しやすく柔らかな色合いや外観の上品さが人気の秘密となっています。
またこの牛角も先ほどの象牙のようにランク付けがされています。
牛角の場合はその色合いや使われている部分でランクが決まるようです。

ここで紹介した以外にも印材というのはたくさんあります。
そんな数ある中から自分で見極めるというのは大変な作業です。
しかしはんこ屋の店員さんと相談しながら探せばきっと自分にあったお気に入りが見つかるはずです。
自分にあった印材を探す、それが印鑑選びの最初なのかもしれませんね。

〔関連オススメ商品のご紹介〕
黒水牛や象牙、柘印鑑にぴったりの牛革ケースが大特価!
黒の牛革ケースに、朱竹柄の内張りが好相性で、 高級感漂う印鑑ケースに仕上がっております。
⇒高級牛革印鑑ケースをみてみる

このページの先頭へ